「網膜剥離=スポーツ選手の病気」ではない

 網膜剥離というと激しいスポーツをする格闘技やスノーボーダー選手の引退理由になる病気というイメージを持つ人も多いと思います。

ボクサーと網膜剥離

 しかし、実際のところ網膜剥離は誰にでもなりうる眼病の1つなのです。

 このページでは網膜剥離の基礎知識を簡単に紹介したいと思います。

網膜の構造と働き

網膜

 少し見にくいかもしれないのですが、イラストの赤く塗った部分が網膜になります。網膜はもっと細かく見てみれば1枚の膜ではなく、10層からなる膜でできています。

 その内の9層(神経網膜)は数億個の細胞があるのですが、その9層で光を吸収し、電気信号に変えたりする働きをしています。

 ここのやり取りは目の中でもかなりのエネルギーが必要とされる部分で、物を見るためには常にエネルギー供給を受けていないといけない部分です。

 網膜の残りの1層は、体から9層へのエネルギーを補給するための場所なので、なくてはならない1層といえるわけです。



網膜剥離は9層と1層が剥がれる病気

 ざっくりと網膜の構造と働きが分かってもらえたかと思うのですが、つまり網膜剥離とは9層(神経網膜)と1層(網膜色素上皮)の間に水分がたまり、剥がれてしまう病気なのです。

剥がれる病気

 エネルギーがたっぷり必要な9層(神経網膜)が、エネルギーを受け渡すための1層(網膜色素上皮)と剥がれて離れてしまうのでエネルギー不足となり機能しなくなるのです。

 つまり光を感じたり、うまく情報処理したりすることができなくなるので最終的に失明にも繋がる病気なのです。

網膜剥離は1万人に1人の病気

 統計的な話にはなるのですが、網膜剥離は1万人~1万5千人に1人の病気というデータがあります。

 一般に10~20代の活発な年代と、50~60代の初老~高齢の年代に多い傾向が見られますが、年齢に無関係に誰にでもなりうる可能性のある病気です。

網膜剥離の統計的なデータ

 若い年代(10~20代)での網膜剥離は、スポーツや事故などの怪我によって発病するものや、中等度以上の近視から発病するものがあります。

 それに対して、シニア世代(50~60代)の網膜剥離では、老化によって網膜に裂け目ができ、そこから剥がれていき発病します。



網膜がなぜ裂けるのか

 スポーツや事故での怪我が原因で網膜が裂けるのはイメージしやすいのですが、老化によって網膜が裂けるのはどうしてなのでしょうか??

 老化=体のあちこちにガタがくるといったことなので、何となく分かる気もするのですが、少し解説したいと思います。

硝子体はゼリー状

 通常、眼球の大半のスペースは硝子体というゼリー状のもので満たされていて、網膜を外へ外へと押しています(イラスト①)。

 しかし、このゼリー状の硝子体は歳を重ねるごとに液状っぽくなっていき、眼球の前方側へと縮んでいくことが分かっています。



硝子体はゼリー状

 硝子体が縮むときに一緒に網膜が前方へと引っ張られ、裂け目ができるように隙間が空いてしまうということが分かっています。

 一度、隙間が空いてしまうと、そこに硝子体の水分がどんどん入り込んでいき、さらに押し広げていき網膜剥離が進んでいくというものです(イラスト②)。

 また、これらが起きる生まれつきの素因として、遺伝も大きく関わっていると考えられています。家族に網膜剥離の方がいる人は注意が必要ですね。

網膜剥離は誰にでも起こる病気

 ここまでしっかり読んでくださった方であれば、網膜剥離は何もスポーツ選手だけがなる特別な病気ではないことが分かってもらえたかと思います。

 網膜剥離が起きる直前には、ひどい飛蚊症になったり、急に黒いものが見えるようになったなど、明らかにいつもと違うようなものが見えますので、できるだけ早期に眼科への受診をしてください

病院の診察券

 また、サプリで予防しよう!みたいなことを書いているサイトもありますが、網膜剥離になる前の段階では予防できる可能性も否定しませんが、なってしまったらサプリでは間に合いません。手遅れになる前に、さっさと病院へ行きましょう。

オススメできるルテインサプリ

Page top icon