ルテインを含む目にいい野菜

 目を守る成分として最近注目されているのがルテインです。白内障や緑内障、黄斑変性症など目の病気から目を守ってくれる可能性があると注目されてきています。

 特に黄斑変性症は有効な治療が少ないことからルテインの有用性には注目が集まっています。

ルテインを含むケールやホウレン草

 このページでは、そんなルテインを含む目にいい野菜(緑黄色野菜)について紹介していきたいと思います。

そもそもルテインって何?

 少し難しい話になりますが、ルテインはカロテノイドの1つです。カロテノイドで有名なものはβカロチンやトマトに含まれるリコピンなど、濃い色の健康成分のことです。

緑黄色野菜

 ルテインもこのカロテノイドの仲間で、色はオレンジ色です。強い抗酸化力があり、紫外線による活性酸素から目を守ってくれることが研究から分かっています。

 ルテインの研究は、黄斑変性症が多いアメリカで特に研究が進んでおり、目にいい効果を発揮したとの報告が多く出ています。

 研究報告の内容を、ざっくり紹介すると、

  • ルテインを日常的に摂ると加齢黄斑変性症のリスクが減少した
  • ルテインを多く含む食べ物を食べる人は白内障の発症が少ない
  • 眼内の血流が増えるため、緑内障に効果があるかもしれない

 などということが分かってきています。まだ、研究段階であるので、もちろん否定的な報告も多いですが、ルテインの疾患への予防効果が期待されているのです。

ルテインを多く含む野菜

 目にいいルテインを多く含む野菜は、

  • ホウレンソウ
  • ケール
  • ブロッコリー
  • 芽キャベル

 などが代表的な野菜です。ケールは日本人にはあまり馴染みがない野菜ですが、100g中に含まれるルテイン量としては最も多いです。

ルテインが多いケール

 積極的にケールを食べたいと思うかもしれませんがケールは独特の風味があり、たくさん食べるのは難しいですね^^;

 日本人の味覚からすれば、ほうれん草やブロッコリーが現実的なんじゃないかと思います。

ルテインの1日摂取推奨量

 ルテインの1日推奨摂取量は、1日6~10㎎と考えられています。ただし、これは厚生労働省などが決めたものではなく、いくつかの研究論文で書かれているものから推測したものになります。

 健康成人だと6mgで、すでに眼病をお持ちの方は10㎎だ、12㎎だ、いや、それ以上ともいわれており、研究内容によってバラつきがあるようです^^;

ルテインの研究内容での議論

 完全にイコールというわけではありませんが、ルテイン6mgをほうれん草で換算するとすれば、60gくらいなので、ほうれん草2株くらいの量になりますね。

 ただ、大きな問題となるのが、毎日ホウレンソウを食べられるか!?っという点になってくるかと思います。

 いくら目に良いとはいえ、ほうれん草にはシュウ酸も含まれており、結石の原因になりますので悩ましいところでもあるのです。

毎日ルテインを摂るならサプリも選択肢の1つ

 目の健康のためルテインをとろう!っと毎日毎日ほうれん草を食べるというのは現実的ではありません

 なので、継続的にルテインを摂取しようと思えば、サプリメントを考えるのが自然だと思います。すでに何らかの眼病が気にかかっている人で、ルテインをより多く摂りたいと考えるなら、特にです。

ルテインサプリのめなり

 ルテインのみのサプリメントもありますが、目に良い栄養素を他にもたくさん含んだサプリメントが販売されています。

 当サイトでは、そういった総合的な側面をもつルテインサプリメントをランキング形式で紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください^^

 ルテインサプリメントをチェック!

オススメできるルテインサプリ

Page top icon