白内障の加齢以外の原因もある

 白内障の主な原因は加齢なのですが、合併症や外傷性のもの、薬剤性の白内障や、他の病気から白内障を引き起こすようなものもあります。

医師のチェック

 特に若い年齢での白内障はこれらが原因であるものが大半です。

  • アトピー性の白内障
  • 糖尿病性の白内障
  • ブドウ膜炎からの白内障
  • 外傷性の白内障
  • 薬剤性の白内障

 このあたりが白内障を引き起こす病気として主なものになります。

 では、ここから先でそれぞれをもう少し詳しく紹介していきたいと思います。

アトピー性の白内障

 アトピー性皮膚炎は有名な疾患なので、知っている方も多いと思いますが、免疫系統の何らかの異常が原因で皮膚に炎症が起こり、強いかゆみを引き起こす病気です。

アトピー性皮膚炎

 アトピー性の白内障は、目の周りを強くこすったり、叩いたりすることで水晶体が傷ついてしまい、濁ってしまうことが知られています。

 ある意味では、刺激によるものなので外傷性の白内障と近しいものかもしれません。

 また、アトピー性皮膚炎で使われる治療薬のステロイドを長期にわたって使用していると白内障を引き起こすことも知られています(薬剤性の白内障は後述します)


糖尿病性の白内障

 糖尿病はご存知の通り、血糖値が高くなることで様々な症状を示す病気の1つです。

糖尿病

 糖尿病性の白内障は、しっかりと経口血糖降下薬やインスリンによる治療を行っていれば大抵問題ありませんが、無治療でいたり、血糖コントロールが不十分な場合、水晶体の糖分値も高くなってしまいます。

 水晶体の糖分値が高いと、水晶体内部で、ブドウ糖がソルビトールという物質に変わることがあり、これが白内障の原因になってしまうのです。

ブドウ膜炎からの白内障

 ブドウ膜(脈絡膜、毛様体、虹彩)に炎症が起こることでも、白内障が引き起こされることが分かっています。

ブドウ膜炎

 たまに起こるくらいのブドウ膜炎であれば、心配無用ですが、年単位で長期に続くブドウ膜炎は注意が必要です。

 また、ブドウ膜炎では炎症を静めるため、治療薬としてステロイドの点眼薬を使用することもあり、こちらも長期にわたっての使用で白内障を引き起こすことも知られています(薬剤性の白内障は後述します)。


外傷性の白内障

 目の近くや目そのもの自体に怪我をすると、水晶体に傷がついてしまい、白内障になる恐れがあります。

ボクシング

 外傷性の白内障は、外傷してからすぐに視力の低下が始まるのですが、案外と気付きにくいこともありますので、目の近くに外傷を負ったときは眼科検診などを受けることをおすすめします。

 とはいえ、損傷具合によってはすぐに症状があらわれず、年単位の時間の経過で症状が出てくるようなケースもあります。

薬剤性の白内障

 医薬品の副作用に白内障を引き起こす薬剤があるものがあります。例えば、ステロイド剤や、緑内障治療薬(ピロカルピン)などが有名です(もちろん、他にもありますが)。

ステロイド

 これらは、メインの病気の進行・治療状況などにもよりますので、自己判断での使用の中止はNGです。主治医と相談の上、白内障の進行状況なども鑑みた上で治療方針を考えていきましょう。


他に原因がある白内障治療について

 白内障の進行次第ですが、基本的には白内障の治療よりも、原因疾患となる側の治療を優先するのが一般的です。白内障はある程度の治療を進めつつ、様子観察をメインに行います(主治医の判断にもよるが)。

診察風景

 日常生活に支障が出ていなければ、経過を見ながらの保存的治療で、よほど悪くなってきたり日常生活に支障が出てきた段階で、手術などの次の手段を考えるのです。

 ただ、注意が必要なポイントとしましては、高齢の方でもともと白内障がある程度進行してきている状態で、他の病気の原因により白内障の進行が一気に進むっということもありますので、40歳を過ぎたら定期的な眼科検診を受けておきたいですね。

オススメできるルテインサプリ

Page top icon